ペット保険 >> ペット保険の疑問 >> ペット保険のトラブルとは

ペット保険のトラブルとは

ペット保険のトラブルとは

契約後のトラブルで多いのは、保障金の未払いや説明義務違反、経営破たんなどとなっているのです。

これらは、私たちが加入する生命保険等を始め、ペットが加入するペット保険・共済でもあり得ることなのです。

私たちが加入する保険の場合は、トラブルに巻き込まれたとしても、法律によって保護されるのです。

ペット保険は任意団体が共済の考え方を取り入れて運営しているのが現状であり、トラブルになった場合の契約者保護対策も、人間の保険のように契約者保護機構があるわけないのです。

また、ペット保険を監督する監督官庁なども存在しません。

なぜかというと、保険会社が、契約者保護機構に強制加入し、万一に備えて一定額を補償する形を取っているからなのです。

では、ペットの場合はどうでしょうか。ペット保険業者が破たんした場合を理解して、保険料を一括払いではなく毎月払いにするなどの工夫をすることが必要なのです。

業者が破たんした場合のセーフティネットが未整備な現状を理解し、保険料を一括払いではなく毎月払いにするなどの工夫をするといいと思います。

会社概要を確認し加入者数を比較することで、会社の経営安全度を測ることができるのです。

私たちが加入している保険みたいに、契約者保護機構はないのです。

なぜかというと、ペット保険・共済には、契約者保護機構に強制加入しなければならない法律がないためなのです。

ペット保険に入る前に、会社概要を確認し加入者数を比較することで、会社の経営安全度を測ることができるのです。

また、保険業法といった法律もないのです。

病気の原因を飼育者自身がつくっている場合があるようですので、強い愛情をもって接してあげることが大切になっているのです。

保険業法がないと言うことは、事業免許を持っていないペット保険会社も存在すると言うことなのです。

そのため、ペット保険は、共済の考え方を取り入れて運営しているのが現状なのです。

契約については免責事項による相談が多いことから、保障範囲を正確に把握することが不可欠となるのです。

面倒くさがらずに約款には目を通すことが肝要なのです。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:知っておきたいペットの病気

症状の部分には、お飼いになっているペットの異常の中でも最も初期の段階で見られた症状を1つもしくは2つ・・・