ペット保険 >> ペット保険の疑問 >> 病気を持っていても加入できるか?

病気を持っていても加入できるか?

病気を持っていても加入できるか?

主なペット保険の保障内容は、ケガや病気で動物病院へ行った場合にかかる通院・入院・手術費用の一部割引の割引型と、後日一部費用が戻ってくる給付型の2種類があるようです。

どちらも飼い主の負担を軽減し、ペットが安心して治療を受けることのできるサービスとなっているのです。

内容としてですが、 入院や怪我、 通院、 手術などで実際にかかった費用を保障している限度額まで支払う、 といったものがこの実額保障タイプというものなのです。

その他にもペットが癌と診断されたら給付金が支給されたり、死亡時に見舞金が出る生命保険としての役割を持った商品や、第三者に噛み付いてケガをさせた場合に補償金が支払われる障害保険としてのサービスがついている商品もあるのです。

実額保障タイプの良いところは通常、 年間で保障できる回数というのを定めている保険が多いようですが、 この実額保障タイプについてはそういった回数の定めがないところが最大のメリットです。保険に加入できる動物の大半は犬・猫となっているのです。

病気がちや高齢で病院にいく回数の多いペットを飼っているご家庭ではこういったタイプの保険に加入している方も少なくないと思うのです。

広範囲にあつかっているペット保険でもウサギ・フェレット・モルモットなど一部の小動物や鳥類・爬虫類(国内において正式に輸入・飼育許可されているものに限定されている保険が多いのが現状となっているのです。

必ずしも回数の制限がないということではなく、 制限がない場合の方が多いというだけですのでそのあたりは回数を定めているのか念のため確認したほうが良いと思います。

加入可能年齢も種類によって異なるので、年齢によって掛け金も変わってきくるのです。主に生後120日から加入でき、上限は団体やコースによって様々なのですが、上限が無いものもあるのです。

また、年齢が高い場合は健康診断書が必要な場合もあるようです。デメリットといいますと、 回数の制限がない代わりに保障される年間での金額に制限があるということですので回数が重なったゆえに金額がかさむ場合はこういった保障というのは検討するほうが良いかも知れないと思います。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:病気を持っていても加入できるか?

主なペット保険の保障内容は、ケガや病気で動物病院へ行った場合にかかる通院・入院・手術費用の一部割引の・・・