ペット保険 >> ペット保険の入り方 >> 保険の期間があります

保険の期間があります

保険の期間があります

加入後の一定期間は免債期間というのが有るのです。この免債期間というのは何かといいますと、 期間としては数十日間なのです。

保険加入した時点からその保険が使えるようになるまでの期間なのです。

待機期間の例として、ガンに関する保障は待機期間90日とあれば、保険加入してから90日間はガンに関する保障はしないようです。と言う意味となっています。

但し、健康払戻金の支払いは給付金をほとんど請求しなかった場合に給付される返戻金なので、保険期間中に病気などで治療を受けた場合には支払いが無いことがほとんどとなっているのです。

その間は病気や怪我に対して保険会社は保障しなくても良いというものなのです。

なので、 免債期間がどれくらいあるのかを契約時に確認することなのです。数十日といっても病気や怪我は突然有るのです。

免責期間の意味の中の1つなのです。共済会によっては免責期間と書かれていることがあるが、当HPでは加入時から保障開始までの期間を待機期間として統一しているのです。

入院する期間やペットの種類にもよるのはもちろんですが、ペットが怪我または病気という理由での入院に関しては入院の1泊目から保障されるのです。

1泊目から連続何日間入院するかという考え方ではなく、年間の累計日数で換算して何日分までと保障します、とプランの概要で説明しているところもあるようです。

予防できないものに関しては仕方ないかも知れないのですが、 予防できる範囲のことはこの期間は徹底して予防するべきなのです。

ペット保険における健康払戻金とは、規定期間に応じ健康で継続加入した場合に支払われる金額のことを指しているのです。

せっかく保険に加入して安心したところで免債期間に運悪く病気や怪我になってしまっては残念ですし、 避けたいところで有るのです。

各団体により条件・規定期間・支払金額などが異なるようですが、加入期間が短い場合には数千円~最高で約5万円程度の払い戻しがあるようですので、掛け捨てではない保険となっているのです。

ペットの代表である犬や猫に関しては小型犬、中型犬、大型犬問わず一日の入院保障が10000円から15000円が平均相場となっているのです。

ペットの大きさは関係なく、一律であれば大型犬を飼っているご家庭にとっては安心な要素となるのです。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:ペット保険の落とし穴

比較すると、少し検査が必要だということがないのです。そう考えるとペット保険なんてできちゃうのです。 ・・・