ペット保険 >> ペット保険の入り方 >> 保障される範囲

保障される範囲

保障される範囲

ペット保険に加入できるペットの主な種類は、犬や猫ですが、最近では、鳥、うさぎ、フェレットなどの保険を扱う業者も出てきているのです。

万が一の時は保障がとても大事なのです。便利でありがたいペット保険ですが、保険会社とのトラブルを避けるためにも、約款などはきちんと把握するようにしましょう。

ペットブームに便乗した悪質な保険会社も多いのも現状となっているのです。給付型は、動物病院で受診し、支払いの際は治療費の全額支払うのです。

その後、加入しているペット保険会社に保険金の請求をして、保険金を指定口座などに支払われるというシステムなのです。

この給付型は、大体どこの動物病院でも利用できるのです。

人間の保険会社と違い、セーフティネットが整備されていないなど、保険業者が破綻した場合など、保険金が受け取れないなどのトラブルもあるのです。

ペット保険業者によって違うので加入の際は、確認する必要があるのです。

ペット保険の保障は、通院した時の医療費を払ってくれる通院保障、手術をした時に支払ってくれる手術保障、入院した時に支払ってくれる入院保障などが主な医療保障なのです。

他にも損害補償なども用意しているところもあるのです。

ペットの保険に加入した場合、保証される内容としては医療やけがという大きな分類に分けられるのですが、細かく分けてみると各保険会社で取り扱っている種類は5種類から8種類となっているのです。

ペット保険の保険金の支払い金額を決める方法は3種類あるようです。

定率タイプは支払う率が決まっていて一部の金額を負担してくれるのです。実額タイプは上限はあるようですが、全額支払ってくれるのです。適用されるものが通院保障なのです。

これもだいたいの保険会社で同じ内容をうたっていますが、全国どこの病院に行っても保険は適用されるということなのです。

なので、長期滞在先での思わぬハプニングでも滞在先の病院に一定期間通うとなればそこの病院で適用されることになるようですので安心なのです。

定額タイプは、通院や入院の時にいくらと金額が決まっていて、その決まった金額が支払われるのです。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:ペット保険はなぜ必要か?

ペットを保険に加入させていない飼い主さんはたくさんいると思うのです。 必ずペットを保険に入らせなけれ・・・