赤ちゃんといっしょ!赤ちゃんを危険から守る > 溺れた

溺れた

子供が溺れて亡くなってしまう痛ましい事故は、夏のシーズン毎年のようにニュースで流れます。

海やプールなどにはライフセーバーの人がいますが、川にはいません。川で遊んでいると藻やコケですべってパニックなったりすると、流されたりして溺れてしまい危険です。手や足をバタバタさせるよりは、浮くことを考えたほうがいいです。川などでは脱げないサンダルを履いていた方が安全です。

もし子供が溺れてしまったら、まず意識があるかどうか確認します、大声で泣くようなら大丈夫ですが、名前を呼んだり、軽くたたいて反応をみます。意識があれば、タオルなどをかぶせて保温してください。

意識がない、呼吸をしてなかったら、あおむけにして肩のところをタオルか何かを丸めて入れ、頭は後ろにそらせて気道を確保します。人工呼吸をしなくてはいけません。同時に救急車も呼ぶ。

子供の場合の人工呼吸は、あごを片手で上げ、もう片方はおでこにのせ、大きく息を吸って、そのまま子供の口を覆い、ゆっくり空気を入れていきます。

最初だけ2回連続して吹き込みます。次からは3秒に1回で吹き込んでください。このとき息が吹き込めていたら、胸が動きますので確認してください。回復してきても、呼吸や意識などちゃんとしているか、注意して見てください。

あかちゃんの場合はお風呂で溺れる場合もあります。10センチでも足を滑らせたりすると立ち上がれず溺れてしますので、おかあさんが頭を洗っている時でも、注意をはらいましょう。

赤ちゃんといっしょ!について

当サイトは2人の子供を育てた管理人のmaiがいろんな知識をノートなどに控えておいたものを公開したものです。書いてあることは参考程度にしていただき、もし何かありましたら専門医などにキチンと確認してくださいね。サイトに書いてあることを参考にする場合は自己責任でよろしくお願いいたします。

また当サイトで掲載しています赤ちゃんの画像はホームページ画像素材集から使っています。素材自体の著作権がありますので、コピーして使用しないでください。

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.1baby.biz/270dang/03241318.html">溺れた</a>

カテゴリー

当サイトについて

あかちゃん.net管理者

赤ちゃんといっしょ!は2人の女の子を育てた、私Nonnoが運営しています!

あかちゃん.netにアクセスしていただき、ありがとうございます。このサイトは私が2人の女の子を育てた時、色々調べたことや悩んだことをノートなどの書き留めておいた内容をを公開しています。うちの子供たちもよく泣き、よくおなかが痛くなり、よく熱を出しました。

その都度、新米ママだった私は右往左往しました。あの当時はインターネットなんてなかったので、もっぱら本や私の母が頼りでした。

最後の手段の夜間診療駆け込みは数知れず。

そんな私の経験をここに書きとめて、アクセスしていただいたあなたになんかの役に立てればと思います。

そんな2人ももうすぐ小学校卒業です。

記事ピックアップ

スポンサードリンク

赤ちゃん豆知識

赤ちゃんといっしょ!の豆知識集です。赤ちゃん関連のいろいろな言葉や知識があります。ぜひ見て確認してみてください。

おさんぽ

生後1ヶ月すぎくらいから、少しづつ外の空気に触れるきかいをつくっていくとよいでしょう。

お風呂

生後1ヶ月くらいまでは、抵抗力が弱いため、ベビーバスで入ります。お風呂の時間は10分以内、寒い冬などは昼間の暖かいうちにいれましょう。

発達の状況の確認

0歳から3歳という時期は、赤ちゃんの脳の発達過程においてもっとも重要な時期だと言えるのです。

ナンジャタウン

池袋サンシャインの奥のほう、ワールドインポートマートの中にある(入園口2階)。