赤ちゃんといっしょ!赤ちゃんの生活習慣 > 洋服の着せ方・脱がせ方

洋服の着せ方・脱がせ方

ベビーウェアを広げた上に、肌着を重ねて、肌着の袖をウェアの袖に通しておきます。

あかちゃんの手をもって袖をとおしてあげます。両手を通したら、前のスナップをとめます。そしてあかちゃんのお尻を片手で持ち上げて、もう片方の手で肌着のしわを伸ばします。

脱がせるときは、あかちゃんの手や足をそっと押さえて、服をひっぱるよおに脱がせます。かぶりものは両手を脱がしてから最後に頭を出させます。

あかちゃんが心地よく過ごせるようには、すこしだけ気をつけることがあります。たとえば暖か部屋では裸足で過ごさせる。 肌着は服と肌がこすれてしまうのを防いだり、汗を吸収してくれたりと赤ちゃんのデリケートな肌には必要です。

おすわりが出来るようになったら、カバーオール(つなぎのような)の服は、あかちゃんの姿勢によって窮屈に感じる場合があります。はいはいなどもしずらいので、上下分かれて服がいいですよ。

1歳くらいから、お母さんが着替えさせている時に、バンザーイやあんよ上げて~など声をかけてあげると、だんだん自分からからだを動かすようになってきます。

2歳くらいからは、自分でズボンを脱いだり、トレーナーを脱いだりしだします。まだボタンやファスナーは難しいので、出来ませんが、自分でやりたがる時は、自主性を尊重しつつやりやすい状態にしてあげるといいでしょう。

状況に応じて、洋服も着替えることも覚え始めます。朝起きて、洋服に着替えることや、暑い日のお出かけには、今日は暑いから帽子かぶろうね~などと声をかけると、今度外行く時には、自分から持ってきたりします。

赤ちゃんといっしょ!について

当サイトは2人の子供を育てた管理人のmaiがいろんな知識をノートなどに控えておいたものを公開したものです。書いてあることは参考程度にしていただき、もし何かありましたら専門医などにキチンと確認してくださいね。サイトに書いてあることを参考にする場合は自己責任でよろしくお願いいたします。

また当サイトで掲載しています赤ちゃんの画像はホームページ画像素材集から使っています。素材自体の著作権がありますので、コピーして使用しないでください。

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.1baby.biz/250life/03010019.html">洋服の着せ方・脱がせ方</a>

カテゴリー

当サイトについて

あかちゃん.net管理者

赤ちゃんといっしょ!は2人の女の子を育てた、私Nonnoが運営しています!

あかちゃん.netにアクセスしていただき、ありがとうございます。このサイトは私が2人の女の子を育てた時、色々調べたことや悩んだことをノートなどの書き留めておいた内容をを公開しています。うちの子供たちもよく泣き、よくおなかが痛くなり、よく熱を出しました。

その都度、新米ママだった私は右往左往しました。あの当時はインターネットなんてなかったので、もっぱら本や私の母が頼りでした。

最後の手段の夜間診療駆け込みは数知れず。

そんな私の経験をここに書きとめて、アクセスしていただいたあなたになんかの役に立てればと思います。

そんな2人ももうすぐ小学校卒業です。

記事ピックアップ

スポンサードリンク

赤ちゃん豆知識

赤ちゃんといっしょ!の豆知識集です。赤ちゃん関連のいろいろな言葉や知識があります。ぜひ見て確認してみてください。

富士サファリパーク

静岡県裾野市にある、富士サファリパーク。

早寝早起き

子どもは本来、朝は早く起きて、夜は早く寝るものなのです。それが夜ふかしになるのは、 1歳まではほとんどが家庭の生活時間帯の影響になると考えられているのです。

お食い初め

赤ちゃんが、「一生食べ物に困らないように」と、生後100日目くらいに行われる儀式です。

赤ちゃんの部屋

うまれたばかりの赤ちゃんは1日の大半をお部屋で過ごすので、快適な空間をつくりましょう。