赤ちゃんといっしょ!赤ちゃんの体のサイン > けいれん

けいれん

かぜやその他の病気で急激に熱があがる途中に、あかちゃんの脳が対応できづにけいれんをおこしてしまします。

けいれんが起きるのを見たことがない人は、自分の子供が初めて、けいれんを起こすとたぶんパニックになるのではないでしょうか。

あかちゃんは、全身を硬直させ、目は白目を向いたまま、顔の表情が一変します。おかあさんにとってはパニックにならずにはいられません。

最初はびっくりするものの、冷静さをとりもどして、おかあさんはけいれんを起こしている時間を計り、横向きにさせて寝かすなどの処置をしてください。熱性けいれんの場合は、通常2~3分くらいでおさまるのがほとんどです。 おさまった後は、本人はケロッとしています。

しかし、5分以上経ってもおさまらない、短時間に何回も繰りかえす、意識がおかしい、嘔吐など何か異変があったら、夜中でも 受診をします。不安があったら、かかりつけのお医者さんに連絡したほうがいいですね。

熱性けいれんは体温が急に上昇するときにおこるので、過去けいれんを起こした子は、熱がではじめて37.5度をめやすに 座薬(安定剤)を入れます。熱が出ているときは、厚着をさせたり、ふとんをたくさんかけて温めすぎるのはよくありません。

おちついたら、冷たいタオルでリンパの流れている、脇の下、足の付け根を冷やします。高熱はつらいので下げてあげます。

うちの子は、夕方から顔が赤くなって、高熱になったので病院に行き、家に帰ってからけいれんを起こしました。ほんとうにびっくりです。先生から説明は受けていたものの、そんなのは吹っ飛びました。 冷静な対処が必要なんだなと思いました。

赤ちゃんといっしょ!について

当サイトは2人の子供を育てた管理人のmaiがいろんな知識をノートなどに控えておいたものを公開したものです。書いてあることは参考程度にしていただき、もし何かありましたら専門医などにキチンと確認してくださいね。サイトに書いてあることを参考にする場合は自己責任でよろしくお願いいたします。

また当サイトで掲載しています赤ちゃんの画像はホームページ画像素材集から使っています。素材自体の著作権がありますので、コピーして使用しないでください。

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.1baby.biz/230body/03022351.html">けいれん</a>

カテゴリー

当サイトについて

あかちゃん.net管理者

赤ちゃんといっしょ!は2人の女の子を育てた、私Nonnoが運営しています!

あかちゃん.netにアクセスしていただき、ありがとうございます。このサイトは私が2人の女の子を育てた時、色々調べたことや悩んだことをノートなどの書き留めておいた内容をを公開しています。うちの子供たちもよく泣き、よくおなかが痛くなり、よく熱を出しました。

その都度、新米ママだった私は右往左往しました。あの当時はインターネットなんてなかったので、もっぱら本や私の母が頼りでした。

最後の手段の夜間診療駆け込みは数知れず。

そんな私の経験をここに書きとめて、アクセスしていただいたあなたになんかの役に立てればと思います。

そんな2人ももうすぐ小学校卒業です。

記事ピックアップ

スポンサードリンク

赤ちゃん豆知識

赤ちゃんといっしょ!の豆知識集です。赤ちゃん関連のいろいろな言葉や知識があります。ぜひ見て確認してみてください。

離乳食の進め方

離乳食は、だいたいどこを見ても5ヶ月ごろスタートになっているようですよ。でも、母乳やミルクの飲みが悪く、心配な人は4ヶ月頃からでも始めているようなのです。離乳初期は1日1回。どの時間でもいいのですが、お腹が空いた授乳時間にあげるようにした方がいいですよ。

お出かけの時の乗り物

赤ちゃん連れの外出は荷物が多くて何かと大変です。

けいれん

かぜやその他の病気で急激に熱があがる途中に、あかちゃんの脳が対応できづにけいれんをおこしてしまします。

保育園いつから預ける

出産後すぐ働くお母さんは、妊娠中から受け入れ先を探しておく必要があります。