赤ちゃんといっしょ!赤ちゃんの栄養 > 離乳食

離乳食

離乳食の準備は、3~4ヶ月のころからミルク以外の味にも慣れさせるため果汁を飲ませます。

最初欲しがらないようならば無理して飲ませなくてもかまいません。果汁は季節の旬のもので大丈夫です。茶こしや、おろし器などを使うと便利です。そのままだと濃いので、2、3倍に薄めてから与えてください。だんだん慣れてきたら、スプーンの感触にも慣れさせましょう。

5~6ヶ月からは、味噌汁の上澄みや、10倍がゆを。ごはんを炊くときに、耐熱容器にいれて一緒に炊いたほうが楽でいいすよ。ここでは栄養を取るというより、飲み込むことに慣れるのが大切です。まだ液体に近い状態のもので、味付けはしないでください。塩分が強いと赤ちゃんの腎臓に負担がかかります。1日1回からスタートしてみてください。だんだんと野菜や豆腐や白身などをメニューに入れていって。少し食べればいいと思って、離乳食のあとは欲しがるだけミルクをあげましょう。

7~8ヶ月になったら、2回食にすすめていきます。主食とやさい、たんぱく質の入った食事を用意します。このときはまだプリンくらいの固さのものを。まだ、主な栄養はミルクや母乳です。

9~11ヶ月になって、モグモグ出来るようになったら、3回食にすすめていきます。この時期は5倍がゆくらいで、すこしつぶつぶ感があっても、指でつぶせれば赤ちゃんの歯茎でもつぶせます。3回ごはんをちゃんと食べれるようになればミルクの量は減らしていって。

12~15ヶ月になれば、完了期になります。1回の食事もバランスのとれたものを心がけます。ごはんも大人より柔らかめで、野菜も柔らかく煮ます。竹串などでスッと通るくらい。おやつも栄養補給に大切です。フォローアップミルクや牛乳は1日400mlくらいまでにしておきましょう。

赤ちゃんといっしょ!について

当サイトは2人の子供を育てた管理人のmaiがいろんな知識をノートなどに控えておいたものを公開したものです。書いてあることは参考程度にしていただき、もし何かありましたら専門医などにキチンと確認してくださいね。サイトに書いてあることを参考にする場合は自己責任でよろしくお願いいたします。

また当サイトで掲載しています赤ちゃんの画像はホームページ画像素材集から使っています。素材自体の著作権がありますので、コピーして使用しないでください。

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.1baby.biz/210nour/03182215.html">離乳食</a>

カテゴリー

当サイトについて

あかちゃん.net管理者

赤ちゃんといっしょ!は2人の女の子を育てた、私Nonnoが運営しています!

あかちゃん.netにアクセスしていただき、ありがとうございます。このサイトは私が2人の女の子を育てた時、色々調べたことや悩んだことをノートなどの書き留めておいた内容をを公開しています。うちの子供たちもよく泣き、よくおなかが痛くなり、よく熱を出しました。

その都度、新米ママだった私は右往左往しました。あの当時はインターネットなんてなかったので、もっぱら本や私の母が頼りでした。

最後の手段の夜間診療駆け込みは数知れず。

そんな私の経験をここに書きとめて、アクセスしていただいたあなたになんかの役に立てればと思います。

そんな2人ももうすぐ小学校卒業です。

記事ピックアップ

スポンサードリンク

赤ちゃん豆知識

赤ちゃんといっしょ!の豆知識集です。赤ちゃん関連のいろいろな言葉や知識があります。ぜひ見て確認してみてください。

子供が熱中症

2歳3歳になると夏でも夢中になって外で遊んでいますよね。見ている親の方が熱さで参っちゃいます。

鼻のお手入れ

赤ちゃんの鼻の穴は小さいので、鼻くそでふさがれやすいもの。

早寝早起き

子どもは本来、朝は早く起きて、夜は早く寝るものなのです。それが夜ふかしになるのは、 1歳まではほとんどが家庭の生活時間帯の影響になると考えられているのです。

下痢

月齢の低いあかちゃんは、下痢なのか正常なうんちなのか判断に迷うことがあります。