ペット保険 >> ペットを飼うと決めたら >> 加入対象となるペットの種類や年齢は?

加入対象となるペットの種類や年齢は?

加入対象となるペットの種類や年齢は?

保険といいながらもその大半は実際には共済事業なのですが、その仕組みはとてもありがたいものなのです。

まず入れるペットの種類ですが、少数の例外を除くと、犬・猫・鳥・ウサギ・フェレットというのがほとんどとなっているのです。

ほとんどの場合、生後4ヶ月から加入ができるのですが、新規で加入できる年齢の上限については、各社いろいろなのです。

加入できる年齢は鳥・ウサギ・フェレットなら4ヶ月から4歳11ヶ月犬・猫は4ヶ月から7歳11ヶ月という範囲のものが多いようです。

なお、犬・猫については、申し込みの前にワクチンの接種が必要ですので留意するようにしましょう。

加入できる年齢を生後4ヶ月~としているのには、理由があるのです。

生後4ヶ月未満だと健康状態が不安定で、病気にかかる確率が高くなってしまうようです。

治療費から保証される金額を差し引いた分を支払うタイプなのです。

年間の保証日数、回数に制限があって、 一日の給付金額に上限を設けてあるようですので、確実に治療費の何%を保証するというわけでない点に注意するようにしましょう。

ペット保険の保障対象となるペットは犬、猫の他に、鳥、爬虫類など、その種類は様々となっているのです。

基本的にはいずれのペット保険を扱う保険会社でも犬、猫は扱っているのです。 

保険の中ではもっとも一般的な保障タイプ。かかった治療費の金額に関係なくあらかじめ設定された一定の給付が受けられるのです。

種類によっては医療費にかかった金額の50~75%と高額な還付設定もあり魅力的なのですが、一旦自己負担をしてその都度申請する必要があるので忘れないようにしてください。

その他のペットについては各ペット保険の運営会社によって異なるようですので、ご自身のペットが該当するか事前にペット保険の運営会社に確認しておくようにしましょう。

保険は加入するとほぼ終身継続が可能となっているのです。

そして特定の病気によっては保障されないものもあるようですのでこの点については事前にしっかりチェックするようにしましょう。

もう一点事前に注意が必要なのが補償額と補償限度額なのです。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:保障される範囲

ペット保険に加入できるペットの主な種類は、犬や猫ですが、最近では、鳥、うさぎ、フェレットなどの保険を・・・