ペット保険 >> ペット保険基礎知識 >> 知っていますか?ペット保険

知っていますか?ペット保険

知っていますか?ペット保険

全体の数の3割を負担するだけで済むかというと、健康保険という医療サービス制度に加入しているからなのです。

では、ペットの場合はどうでしょうか?人間とは違い、医療サービス制度はありません今や家族の一員としての地位を獲得したワンちゃんや猫ちゃんは日本国内だけでも約2,000万頭いるのです。

日本の総世帯数の約35%、実に3軒に1軒の家庭がペットと暮らしていると言われているのです。

飼い主が診療費を全額負担しなければならないのです。

近年では、医療技術の進歩によって、ペットの高齢化が進んでいると同時に、人間と同じように、ガンや白内障、認知症などの病気にかかるペットも増えてきているのです。

ペット保険が始まったのは1970年代後半のイギリスだとされているのです。

一人の女性が愛犬家が設立した保険会社からはじまり、今ではアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど多くの国々にあるのですが、日本ではまだ10年程と歴史が浅いのが現状となっているのです。

医療サービス制度がないため、長期入院、手術となると家計を圧迫してしまうことも充分にあり得るのです。

家計を圧迫させないためにもペット専用の保険はペット保険に加入する必要があると言われているのです。

では、ペット保険・共済には、どのような機能を持っているのでしょうか?また、日本ではペットの医療保険と呼ばれていたようですが、そのほとんどは共済という形での運営で、厳密には保険ではなかったことも事実なのです。

ところが2008年4月から保険業法の改訂によりこの業界は大きく変わっているのです。

ペット保険・共済は、日本全国、どこの動物病院にかかっても保障され、なおかつ、健康保険に相当する機能を持っているのです。

万一、ペットが病気や怪我にかかり、動物病院へ行った場合にかかる診療費・手術費・入院費は、その費用に対し給付金を受け取ることができるのです。

万が一、ガンなどの重い病気にかかって治療が長引いてしまったり、不幸にも事故にあって、手術、入院をしたとしても、給付金を受け取ることで、医療費の負担を軽くすることができまるようになっているのです。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:ペットも大事な家族です。

新規保険加入できる年齢は他社のペット保険では3ヶ月ないし4ヶ月以降からであるのに対し、アニコムのペッ・・・