ペット保険 >> ペット保険基礎知識 >> ペット保険は医療保険のみ

ペット保険は医療保険のみ

ペット保険は医療保険のみ

ペット保険の中には、どの動物病院にかかってもいいようなペット保険もあるのです。

このタイプのペット保険では、クリニックでは全額自己負担をしなければいけないようですから、後から保険が適用されると入っても、最初の自己負担額がちょっとキツイ場合もあるようです。

一方、ペットも高齢化が進んでいるので、人間と同じように白内障や痴呆、ガンなどの病気にかかるペットが増え、治療が長期にわたるケースも少なくないのです。

その反面、ペットの医療費には基準がなく、人間のような医療保険制度もないので、ペットの医療費が高額になってしまうケースもあるようです。

クリニックで全額自己負担をしたら、すぐに保険請求用紙に必要事項を記入してペット保険会社へ送付すると、1週間から2週間程度でペット保険が給付される仕組みになっているのです。

ほとんどの団体が、全国のどの動物病院でも適応可能としているのです。

給付金を受け取るには、領収書や診断書など必要書類を団体宛に送付すると指定口座に振り込まれるようになっているのす。

ペット保険では、怪我や入院、通院の場合には1日から保険給付対象となる保険が多く人間の医療保険のように最低でも5日間は病院に入院していなければ保険が適用されない、といった事はないのが便利なのです。

中には、治療を受けた病院がその団体の対応病院であれば、受付に会員証などを提示すればその場の支払いが自己負担分のみとなる、人間の健康保険のようなものもあるのです。

また、ペット保険の中には、ガンや高度先進医療が必要な疾病でもしっかりカバーしてくれる保険もあるようですから、ペットの健康状態や遺伝性などをしっかり調べてから、必要な保険に加入すると良いと思います。

体力の弱い団体の中には再保険提携をしているところもあるのです。

保険金の支払いは保障されるのですが、若干保険料が上昇する傾向にあるのです。

人間の治療費などは、健康保険制度が充実しているようですから支払う医療費はごく一部での自己負担で済むのですが、ペットの場合の医療費は全額自己負担となっているのです。

ペット保険は、管理人が情報や知識について調べました

ピックアップ!:保険の期間があります

加入後の一定期間は免債期間というのが有るのです。この免債期間というのは何かといいますと、 期間として・・・